インプラントの痛みと痛み止め

インプラントを経験しているひとは、少ないかもしれません。どんな治療なのか、痛みはあるのかと心配になりますね。今まで経験した歯医者の治療とインプラント治療がどれくらい違うのか比べてみました。手術は局所麻酔なのでいたみを感じません。虫歯の治療の時は、麻酔をし、歯茎、歯、骨のなかの神経と浸透していきます。普通の抜糸の時に根の先に膿の袋があったり、は腫れが強かったりすると抜糸の方が麻酔が効きにくかったりします。術後の痛み止めについて、術後に痛む場合医師から処方された薬は指示にしたがって服用してください。

インプラントの術後の痛みの話

インプラントをするには、まず顎の状態が万全であり、もし歯周病があった場合、しっかりと治してから進めていきます。そのため、準備をするにあたり、CTなどのレントゲンを撮って計画を立てます。患者さんに負担にならないよう手術には血圧計など準備をし、笑気麻酔を行います。外科手術なので、痛みはどんなものなのか、それは、麻酔をして歯茎を切り開くのですが、その時点で麻酔がきいているし、骨を削った部分に埋め込むので安心です。しかし、インプラントの術後は、歯茎を縫い合わせたりするので、少し腫れたり、少しだけ痛みがあるようです。それも数日後には完治するので安心です。

↑PAGE TOP